肺の病気疾患WEB
お問い合わせリンク肺の病気疾患WEB

風邪だと思ったら肺がん!?知っておきたい肺がんの予備知識

診断

日本の中でも、世界的にも、肺がんによってこの世を去る方は非常に多いです。がんに関係する病気の中でも肺がんは帰らぬ人となってしまう方が多く、男性ではトップ、女性では3位にランクインします。ではなぜ、この肺がんという病気がここまで猛威を振るうのか、肺がんの症状と原因についてご紹介します。


肺がんによって引き起こされる症状とは?

肺がんによって引き起こされる症状に、特別変わったものはありません。ある意味でほっとすることですが、初期段階で肺がんを見つけるという意味では、症状に特徴がないというのは問題と言えます。病状が悪化する前に手を打つためにも、早い段階で肺がんの発症を把握しておく必要があるのです。

では、どうすれば早い段階で肺がんに気づくことができるのでしょうか?ここで重要になるのは、肺がんの症状を知っておくことです。先ほども書きましたように、肺がんには特徴的な症状がありません。肺がんの症状としてあげられているのは、慢性的に続く激しい咳、血の混じった血痰、発熱、胸が痛むなどがあり、更には食欲不振、体重減少などがおきます。一般的に、肺がんは風邪の症状に似ていると言われており、これが原因で肺がんの発見が遅れてしまう傾向にあります。

原因を知って肺がんに気づく!

前述のとおり、症状から肺がんの発症に気づくことは非常に難しいと言えます。しかし、肺がんの原因を知ることで、自分が肺がんにかかりやすいかどうかを知り、そこから自分に起きている症状が、肺がんによるものなのか、それともただの風邪なのかを、ある程度までは判断できる用ようになるはずです。

ただし、どれかひとつに当てはまったからといって、必ずしも肺がんが発症するわけではありません。下記の理由がいくつか重なることによって、肺がんが発症するリスクが高くなるということを頭に置いてください。

喫煙による原因

最も多い原因となっているのが、この喫煙――タバコです。なんと、タバコを吸っている人と、吸っていない人では、10〜20倍も肺がんの発症率に差が生じ、圧倒的に喫煙者の方が肺がんの発症リスクが高いのです。タバコが肺がんのゲインになる理由としては、タバコに有害な発がん性物質が含まれているからだと言われています。因みに、ニコチンは肺がんとはまったく無関係だそうです。

受動喫煙による原因

ハンタウィルス感染症は、ネズミが媒介するハンタウィルスによって引き起こされる肺疾患です。日本国内では1984年以降感染が確認されていない病気ではありますが、海外では未だ健在である感染症です。ハンタウィルスに感染すると、肺と腎臓に症状が現れます。肺疾患としてのハンタウィルス感染症は、頭痛・発熱・嘔吐・寒気などの風邪やインフルエンザに似た初期症状を見せますが、急速に症状が悪化していく性質を持っています。肺を浸潤すると呼吸困難を引き起こし、腎臓に達すると腎不全を引き起こす命に関わる病気となります。

アスベストによる原因

一時、爆発的に話題となったアスベスト。これは建築や造船などに使われる素材です。かつては奇跡の鉱物とまで言われましたが、人体に有害なものと判明してからは、アスベストの排除が推奨されています。肉眼では見えないアスベストを体内に吸引することによって、体に悪影響を及ぼします。

家系的な原因

家族や親戚にがんを発症した人が多い場合、遺伝子的にがんが発症しやすい体質といえます。あくまで、がんが遺伝しているわけではなく、がんが発症しやすいという因子を持っていると思ってください。実際のところ、この遺伝子を持っている人でも、がんを発症せずに一生を終える方もいます。

その他

そのほかの肺がんを発症させる原因としては、ウィルスによるものや、ラジウムが壊変して発生するウランを吸引した場合の2つがあげられます。ただ、ウィルスに関しては「このウィルスが」と断定できるものがなく、ウランは日本だとあまり関わることがないので、上記の4つを主に警戒することが大切です。

「肺がん」参考サイトの紹介
肺がん STOP肺がん
世界的にも肺がんによって命を落とす方が多く、日本でも肺がんは気をつけたい病気です。喫煙者は特に気をつけたい肺がんは、こちらのサイトで詳しく紹介されています。前兆となる初期症状についても詳しく紹介されています。

 

”肺がん”に関する記事の紹介
肺がんのステージとは? STOP肺がん
病状の進行度によって決まるステージ。肺がんにも、ステージ(病期分類)はもちろんあります。こちらのページでは、肺がんのステージについて詳しく解説されています。ステージを見ることによって、病状の深刻度がわかります。
肺がんになってしまったときの虎の巻
本当に肺がんになってしまった――もし、そんなことになってしまったらどうしますか?そんなときは慌てずにこちらのページを参照してください。入院や食事、呼吸困難についてなど、「もしも」のための情報が満載です。
どれくらい生きられるのか――肺がんの生存率
肺がんによって、一生を終えてしまう方が多い現在。もし、肺がんになってしまった場合の生存率とはいったいどれくらいのものなのでしょうか?こちらのページでは、肺がんにかかった場合の生存率について詳しく解説されています。


肺
<a href="http://haikenko.com/" target="_blank"><img src="http://haikenko.com/img/banner.gif" alt="肺" width="88" height="31" border="0"></a>

肺の病気疾患WEB

<a href="http://haikenko.com/" target="_blank">肺の病気疾患WEB</a>

広告掲載