肺の病気疾患WEB
お問い合わせリンク肺の病気疾患WEB

その他の肺疾患(病気)

「肺疾患」というとなんだか重い病気のように感じてしまいがちですが、実際は私たちの生活に根付いた病気であることが多いのです。
では、どのような肺の病気が存在しているのでしょうか。
ここでは、ここまで紹介してきた肺ガンや喘息など以外の肺に起こる病気を紹介していきます。

その他の肺疾患

肺疾患という言葉を定義するならば、「感染や外傷などを原因として起こる、肺を中心とした呼吸器官に影響を及ぼす病気」になります。

風邪・インフルエンザ

冬季に集中して発生する感染病である風邪やインフルエンザもまた、肺疾患の一つであるといえます。特徴的な症状である咳やくしゃみは、肺などの呼吸器官に影響が及ぶために起こっているからです。医学的には、風邪とインフルエンザは別の病気として定義されていますが、一般的には感染経路や症状の相似などから同一のものとして取り扱われています。風邪やインフルエンザが毎年流行するのは、特定の「風邪ウィルス」「インフルエンザウィルス」によって発生しているわけではなく、次々に生まれる新しいウィルスによって発生しているという背景があります。

気管支炎

慢性閉塞性肺疾患の一つとされる気管支炎は、有害物質の吸引以外の原因でも発生します。気管支炎は、風邪やインフルエンザなどの細菌やウィルスへの感染やアレルギー症状などでも発生する炎症で、気管の閉塞を招き咳や高熱を起こします。気管支炎の治療は、原因に応じて抗生物質や気管支拡張剤の投与を行ないます。

ハンタウィルス感染症

ハンタウィルス感染症は、ネズミが媒介するハンタウィルスによって引き起こされる肺疾患です。日本国内では1984年以降感染が確認されていない病気ではありますが、海外では未だ健在である感染症です。ハンタウィルスに感染すると、肺と腎臓に症状が現れます。肺疾患としてのハンタウィルス感染症は、頭痛・発熱・嘔吐・寒気などの風邪やインフルエンザに似た初期症状を見せますが、急速に症状が悪化していく性質を持っています。肺を浸潤すると呼吸困難を引き起こし、腎臓に達すると腎不全を引き起こす命に関わる病気となります。

過換気症候群

過換気症候群は精神面の不安定を原因によって発生する呼吸障害ですが、一種の肺疾患と捉えることが出来ます。過換気症候群は、空気を吸い込む回数が増える一方で空気を吐き出す回数が減少することで体内の酸素と二酸化炭素のバランスが崩れ、めまいや失神を引き起こします。対処法としては、患者の口に紙袋などを当てて自分の吐いた息をもう一度吸い込ませる「ペーパーバック法」があります。

グッドパスチャー症候群

人間をはじめとする動物の体内には、細菌やウィルスなど異物の侵入を防ぐための免疫機構が備わっています。しかし、この免疫機構が本体である身体を異物とみなして攻撃することで発生する自己免疫疾患という病気が起こることがあります。グッドパスチャー症候群は、肺疾患を伴う自己免疫疾患の一つです。グッドパスチャー症候群の主な症状は、肺胞からの出血と急速に進行する腎不全で命に関わる事が多いのが特徴です。肺疾患としての症状は、肺胞からの出血による血痰と喀血を排出するための激しい咳があります。

肺
<a href="http://haikenko.com/" target="_blank"><img src="http://haikenko.com/img/banner.gif" alt="肺" width="88" height="31" border="0"></a>

肺の病気疾患WEB

<a href="http://haikenko.com/" target="_blank">肺の病気疾患WEB</a>

広告掲載