肺の病気疾患WEB
お問い合わせリンク肺の病気疾患WEB

エコノミークラス症候群

エコノミークラス症候群は、飛行機のエコノミークラスに搭乗している人に多く見られることからこの名前で呼ばれるようになった病気です。しかし、その名前の由来とは裏腹に重篤な症状を起こすことがあるのです。ここでは、エコノミークラス症候群の原因や症状、治療法などを紹介していきます。

エコノミークラス症候群とは

エコノミークラス症候群は正式には「静脈血栓塞栓症」といい、血液の流れが滞ることで発生した血栓が剥がれて血管を通じて肺や肝臓などに流れ込み、血液の流れを阻害する病気です。現在は、飛行機以外の乗り物でも発生することから「旅行者血栓症」などへ言い換えるよう申し合わされています。

原因

血液には凝固作用があり、血管からの出血を止めるなどのために機能します。しかし、血液の流れが何らかの理由でスムーズに行かなくなると、凝固作用が血管内で働いて血の固まりである血栓を作ってしまいます。エコノミークラス症候群では、姿勢や重力の問題脚の静脈に血栓が発生しやすくなることが判っています。この血栓が血液の流れなどに押されて剥がされると、血管を通じて肺や肝臓などに送られることがあります。血栓が血管を閉塞させると「肺血栓塞栓症」や「深部静脈血栓症」を引き起こします。

発症の条件

エコノミークラス症候群は、飛行機のエコノミークラスや自動車の座席などの狭い座席に長時間座ったままでいることと、水分補給が適切に行なわれていない場合に発症しやすいことが判っています。座ったままの姿勢は、脚に重力が掛かり心臓に戻る血液の量が少なくなりやすく、水分の不足は血液の濃度を高め血栓を作りやすくするのです。また、人種によってもエコノミークラス症候群の発症率に違いがあることも判っています。

症状

エコノミークラス症候群を発症すると、血栓の出来た部位の先に浮腫みが見られることがありますが、多くの人は無症状であることが多いようです。エコノミークラス症候群によって発生した血栓が剥離して、肺静脈に達することで発生する肺血栓塞栓症を起こした時に症状が最も重くなります。

肺血栓塞栓症

肺血栓塞栓症は、血栓が肺動脈に到達し血管閉塞を起こす病気です。エコノミークラス症候群から発展して起こる場合がほとんどで、命に関わる事態になることが非常に多い病気と言えます。肺血栓塞栓症の主な症状は呼吸困難や胸痛で、肺動脈に飛散した血栓の範囲と量によって症状の重さが決定します。広範囲に渡って血栓が飛散した場合、心肺停止を引き起こすことがあります。

エコノミークラス症候群の予防と治療

エコノミークラス症候群は、意識すれば予防することが出来る病気であるといえます。航空各社では、エコノミークラス症候群の防止に努めるように乗務員に指導するなどの対策を採っています。

予防法

エコノミークラス症候群の予防法としては、「定期的な水分摂取」と「脚の運動」が挙げられます。飛行機内では、サービスとして飲み物を提供しているので利尿作用の無い水やジュースなどを中心にして水分補給することが大事です。また、脚を動かしたり立って歩いたりして体勢を変えることは血流の改善の効果があります。場合によっては、搭乗前にヘパリンやワルファリンなどの抗凝固剤を投与して、血栓を出来にくくする治療を受けることがあります。

治療法

エコノミークラス症候群の治療は、血栓の溶解を目的に行われます。ウロキナーゼなどの血栓溶解剤を血管注射や血管内カテーテルによって、血栓を溶解します。ただし、血栓溶解剤の妊婦への使用は避けるべきであるとされています。肺動脈への血栓の飛散が広範囲に渡っている場合は、薬剤治療ではなく外科手術を行なって血栓を取り除く必要があります。

肺
<a href="http://haikenko.com/" target="_blank"><img src="http://haikenko.com/img/banner.gif" alt="肺" width="88" height="31" border="0"></a>

肺の病気疾患WEB

<a href="http://haikenko.com/" target="_blank">肺の病気疾患WEB</a>

広告掲載