肺の病気疾患WEB
お問い合わせリンク肺の病気疾患WEB

肺がん

現在、肺がんは多くの日本人が悩まされている病気の一位に君臨する癌となっています。世界的に見ても肺がんに悩まされている人は多く、世界中で発病している癌の17%を占める最大の病気となっています。ここでは、肺ガンを引き起こす原因や症状、その治療法などを解説していきます。

肺がんを知る

肺ガンは、肺組織に発生する癌で多くの人が今なお悩まされている病気の一つです。肺ガンは、肺胞や気管・気管支などに癌細胞が発生することで発病します。

原因

肺ガンの原因の多くは、「発がん性物質の吸引」であると結論付けられます。肺がんの原因となる発がん性物質としては、ニコチン・タールなどのたばこに含まれる物質やアスベストなどの旧建築法施行下で使用されてきた建材などがあります。また、ラジウムが分解して発生するラドンも肺癌の原因になる発がん性物質のひとつです。ラドンを含む温泉は健康に良いとされていますが、過度のラドン摂取は肺がんを発病させる恐れがあります。

車からの影響

多くの場合、たばこに含まれているニコチンやタールが肺がんの原因となっていると考えられていますがそれ以外にも肺がんを引き起こす遠因が身近に存在しています。それは自動車です。ディーゼルエンジンが排出する排気ガスに含まれている有害物質や、スパイクタイヤによって発生するアスファルトの粉塵が肺がんの原因となるのです。スパイクタイヤからの粉塵は、1990年からの法規制で減少していますが、ディーゼルエンジンからの有害物質への対策は進んでいるとはいえない状況です。

アスベスト

近年、問題になっているのが肺がんの原因になるアスベストによる健康被害です。アスベストは耐火性に優れた建材として世界中で使用されてきましたが、1970年代以降世界的に使用が禁止されています。アスベストは、飛散しやすく体内で分解されることが無い物質であるため体内に侵入すると排出されないまま残留してしまいます。アスベストは被曝後20年から40年という長い潜伏期間を経て中皮腫や肺がんを発病させる危険性を持っており、「静かなる爆弾」とも言われています。

症状

肺がんの主な症状は、「肺機能の低下」「激しい咳」「血痰」「喘鳴」「食欲不振」「体重の減少」などがありますが病状が進行しないと症状が現れないことが多く、静かに進行していく性質を持っています。また、肺は心臓に近い気管のため癌細胞の転移は血管を通じて全身に広まりやすい傾向にあります。肺ガンは癌の中でも進行が早い部類に入るため、早期発見が治療の鍵となります。

肺がんの治療法

肺がんの治療の中心は、化学療法や放射線療法です。外科手術は早期の場合に限られます。

外科手術

肺がんの外科手術は、基本的に患部の部分切除か片肺の摘出手術になります。外科手術は早期発見できた場合に限られ、心臓などへの負担がある場合は行なわれません。肺ガンの外科手術は肺の摘出を伴うため、術後の患者は慢性的な呼吸困難に悩まされることがあります。

化学療法と放射線療法

肺ガンの治療では、化学療法と放射線療法を合併して行なう方針が取られることが多くあります。放射線療法だけでは、癌細胞の成長の抑制と癌細胞の縮小効果が得られるだけで根治治療に結びつくような劇的な効果が見られないのです。化学療法は、肺がん治療の中核となっている方法で投与される抗がん剤の種類にもよりますが、非常に効果的な方法となっています。化学療法単体の治療よりも、化学療法と放射線療法の合併治療を受けた方が術後の生存率が高まります。

肺
<a href="http://haikenko.com/" target="_blank"><img src="http://haikenko.com/img/banner.gif" alt="肺" width="88" height="31" border="0"></a>

肺の病気疾患WEB

<a href="http://haikenko.com/" target="_blank">肺の病気疾患WEB</a>

広告掲載